善玉菌の増加をサポート|乳酸菌の効果解説

善玉菌の増加をサポート

善玉菌と悪玉菌

乳酸菌を摂取することで、増えるべきなのは善玉菌です。腸内に生息している細菌は善玉菌と悪玉菌、日和見菌といった3つの分類で分かれています。日和見菌はその中で一番数は多いのですが、善玉菌と悪玉菌のどちらか強い方の味方につくとい性質があるので、善玉菌を増やす必要があります。
日和見菌が腸内で7割、善玉菌が2割、悪玉菌が1割となります。ベストバランスであるこの割合が乱れて、悪玉菌が2割になってしまうと悪玉菌が優位に立ち、一気に腸内環境が悪くなってしまいます。
善玉菌を優位な状態で保ち、増加をサポートするために乳酸菌が必要です

 

乳酸菌は生きたままがいい?

乳酸菌を生きたまま腸に届けることが大切…といわれていますし、実際に生きたまま届けることが大切ではあるのですが、生きたまま届かなかった乳酸菌が役に立たない、というわけではありません。乳酸菌は非常にデリケートなので、熱や酸に弱い性質です。そのため、口から摂取して胃を通過するときなどに胃酸でダメージを受けてしまい、腸まで届いたときには死滅していることもあります。
でも死滅している乳酸菌であっても、大腸に届けば善玉菌の手助けをする、という効果がわかっています。善玉菌を増やすために手助けをするので、結果として善玉菌を増やせる、ということです。

 

乳酸菌を生きたまま届ける、というところばかりに意識がいきやすいですが、乳酸菌はどんな状態でも善玉菌を増やすサポートをしてくれて、腸内環境をいい方向へ導いてくれる、と考えましょう。乳酸菌の質も大切ですが、質ばかりを重視して不足しないように、乳酸菌をたくさん摂取するよう心がけたいですね。

 

善玉菌のエサとなる成分も一緒に

善玉菌を増やすために乳酸菌を摂取するのですが、さらにおすすめしたいのが善玉菌のエサとなって増殖を助ける成分です。オリゴ糖や食物繊維などですね。最近は乳酸菌サプリなどで乳酸菌を補う人も増えていますが、オリゴ糖や食物繊維も一緒に配合されています。それぞれ別々に摂取するのは面倒ですし、毎日摂取するとなると手間もかかってしまいますが、サプリを飲むだけで善玉菌を増やしやすい状態に整えてくれるものが多くなっていて便利ですね。