アレルギー症状の軽減をサポート|乳酸菌の効果解説

アレルギー症状の軽減をサポート

乳酸菌が役立つアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、猛烈に皮膚のかゆみが襲ってきます。知らず知らずのうちにかきむしってしまって、余計に皮膚の状態を悪化させたり…と何とかしたいアレルギー症状ですよね。アトピー性皮膚炎は、免疫システムが乱れていて発生するといわれています。実は原因がはっきりと特定されているわけではないのですが、Th1とTh2という免疫細胞が体内には存在しており、そのうちのTh2が過剰に働くことによって発生しやすくなる、といわれています。
実はこのTh2は、腸内の悪玉菌が多い状態で優位に働くといわれています。そのため、乳酸菌で腸内環境を改善して善玉菌を増やしておくことが、Th2の過剰は働きも防ぎ、結果としてアトピー性皮膚炎の症状緩和につながるでしょう。さらにアトピー性皮膚炎に対して効果が期待できるといわれている乳酸菌もあるため、症状に悩んだら乳酸菌を役立てたいですね。

 

乳酸菌が役立つ花粉症

花粉症に悩む人もどんどん増えてきました。春や秋に多く起こりやすく、どの植物の花粉に反応するかはその人によって違うのですが、頭がボーっとしたり鼻水が止まらなかったり…とても辛い症状です。毎年花粉症のシーズンが来るたびに憂鬱になりますよね。
アトピー性皮膚炎と同じで、免疫細胞の過剰反応によって起こされる症状です。そのため、花粉症も同じように免疫細胞のバランスを整えてあげることが、改善へと導いてくれる方法でしょう。
花粉症対策に乳酸菌、という方法はとても注目されており、今は多くの研究機関で数々の実験がおこなわれています。毎年悩まされていた花粉症も、乳酸菌のおかげで悩まずに過ごせる日が来るかもしれません。

 

ただし大事なのは、日頃から乳酸菌の摂取を心掛けることですね。花粉のシーズンだけ乳酸菌を摂取するのではなく、常にしっかりと乳酸菌を摂取しておかなくてはいけません。花粉症になったかも…と思って乳酸菌を摂取するというよりも、常に乳酸菌を摂取して、免疫細胞のバランスを整えておくことが大切です。