腸内フローラを良好にし、便通を改善|乳酸菌の効果解説

腸内フローラを良好にし、便通を改善

乳酸菌の摂取によってどんな症状改善が期待できるか…と考えたとき、一番に思い浮かぶのが便通の改善に対する期待です。便秘に悩んでいる人は多く、特に女性はほとんどの人が便秘を経験したことがある、といわれているぐらいです。便秘は腸内環境を悪化させてしまうだけではなく、そもそも人間の生活リズムも乱して不調を招いてしまうので、放っておくわけにはいきません。ずっと便秘だから体質だし…と諦めている人も多いのですが、便秘はしっかりと対策をすることで必ず改善できます。改善方法のひとつとして、乳酸菌を役立ててみるのがおすすめです。

 

腸の中で咲くお花畑「腸内フローラ」

腸内には細菌たちが群れをなして生息しています。顕微鏡で見るとその姿がお花畑のように見えることから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。本来腸内フローラは、善玉菌が優勢な状態を維持することが理想です。しかし腸内フローラが乱れて悪玉菌が優勢な状態になってしまうと、腸内環境が乱れて便秘を引き起こしてしまいます。

 

あなたの腸はアルカリ性?弱酸性?

自分の腸内がアルカリ性か弱酸性か…と考えたことはないと思いますが、健康で快便の人の腸内は弱酸性となっています。善玉菌は乳酸や酢酸といった有機酸によって弱酸性になるのですが、酸が大腸の壁を適度に刺激して、腸を正常に活動させて排便につなげてくれます。
では便秘になっている人の腸内はどうなのかというと、弱酸性ではなくアルカリ性になっています。アルカリ性になっていると、腸の動きは鈍くなってしまいます。そして排便する力も弱まることによって、腸内に排出されるべき便が留まってしまうでしょう。さらに腸はアルカリ性へ…と悪循環に陥ります。

 

まず目指すべきなのは、腸内をアルカリ性ではなく弱酸性へ変える、ということです。その方法として、乳酸菌があります。乳酸菌を摂取することによって、善玉菌が増えていきます。善玉菌が増えれば自然と腸内は弱酸性へと変わっていくので、腸も正常に活動しやすくなって便秘改善が期待できるでしょう。

 

便秘は慣れてしまうと数日間でないのが当たり前になってしまい、腸が便秘に慣れてしまうのが怖いところです。本来なら毎日お通じがあるのが正常なので、自覚症状がなくても数日間便が出ていないという場合は、腸の動きが鈍っているかもしれません。便秘を改善させることで腸が元気になっていき、全身の不調解消にもつながっていきます。便通を良くするために乳酸菌摂取を始めましょう。