免疫力強化に役立つ|乳酸菌の効果解説

免疫力強化に役立つ

腸が免疫力を左右する?

人間は免疫力を持っています。体内に悪い細菌やウイルスなどが侵入してきたとき、免疫力が高い人は免疫細胞がしっかりとやっつけてくれます。しかし、免疫力が弱まっている状態のときに悪い細菌やウイルスが入り込んでくると、やっつけることができずに風邪をひいたり体調を崩したり、と症状として発症してしまいます。
その免疫力を左右するのが、腸です。人間の持っている免疫細胞のうち、7割近くが腸に集中して生息しています。腸の内壁には、絨毛と呼ばれる小さくて細かな突起があります。その間に異物を感知するというセンサーがあるので、ウイルスや悪い細菌が入り込んできたときには、それを体内にいれないようにと異物を排除するような動きをするのです。このセンサーをパイエル板というのですが、このパイエル板をしっかりと活性化させることが大事といわれています。
このパイエル板が正常に働くために、当然重要なのは腸内環境の状態です。腸内環境が悪ければ正常に働けなくなってしまいます。いかに腸をいい状態で保つかが免疫力強化にも大きく関係するでしょう。

 

怖いインフルエンザからも守ってくれる

インフルエンザに毎年かかってしまう人は、まさに免疫力の低下が慢性化している可能性が高いです。インフルエンザは免疫力が高ければ、本来かかることがありません。もしも発症しても、症状が軽く済みます。いつも症状が重くなる、毎年かならずかかって寝込んでしまう、という人は免疫力を高めましょう。
乳酸菌を摂取して、善玉菌優位の腸内環境を心掛けることが、風邪やインフルエンザの予防となります。手洗いやうがいなど、ウイルスや悪い細菌を体内に摂りこまないという工夫も大切ですが、生活している以上完全にシャットアウトすることって難しいですよね。もしも体内に入ってきてしまった場合でも、免疫力を強化しておけば体内でしっかりとやっつけてくれるので、症状に悩まされることもなくなります。
元気な毎日を過ごすために、乳酸菌を摂取しておきたいですね。