腸内環境を良好にし、腸の調子を整える|乳酸菌の効果解説

腸内環境を良好にし、腸の調子を整える

重要なのは日和見菌?

腸内環境を整えるために重要なのは善玉菌の量、という知識を持っている人は多いですが、実は一番重要な細菌は日和見菌である、ということを知っているでしょうか?

 

人間の腸内細菌は、大きく3つに分類することができます。善玉菌、悪玉菌、日和見菌です。善玉菌と悪玉菌は名前からもわかるように、善玉菌は腸にいい働きをする細菌、悪玉菌は腸に悪い影響を及ぼす細菌です。悪玉菌も全くゼロでいいというわけではなく、正常な腸内環境を保つためには必要なのですが、悪玉菌が優位に立つと悪い働きが勝ってしまうので、善玉菌を優位に保つことが大切です。

 

では重要なのはどうして日和見菌なのかというと、その量と働きにあります。日和見菌は、腸内細菌の中で約7割を占めます。善玉菌が2割、悪玉菌が1割ですから、かなり量が多いことがわかりますよね。気になる日和見菌の役割ですが、特にありません。日和見菌そのものには役割や働きはないのです。どうやって働くのかというと、善玉菌と悪玉菌、その時優位に立っている方の味方をして、それらと同じような働きをする、それが日和見菌の役割です。

 

日和見菌はその時優位に立っている、要するに量が多い方の味方をして同じ働きをするので、日和見菌を味方につけなくてはいけません。そのために、善玉菌の量を増加させて優位な状態を保っておかなくてはいけない、ということですね。

 

腸内環境を良好に

腸内環境は全身の調子を整えるためにも、良好に保っておかなくてはいけません。腸の調子を整えることによって、腸が正常に働けるようになります。乳酸菌を摂取すると腸の調子が整いやすくなりますが、それは決して特別なことではなく、本来あるべき姿の腸といえます。ただ現代人は腸内環境が乱れやすい生活を送っているので、乳酸菌で善玉菌を増やしてあげるといいですね。乳酸菌が善玉菌を増やすことによって、腸内環境を良好な状態へと導いてくれるはずです。

 

乳酸菌だけではなく、食生活の改善や運動不足の解消、ストレス対策などをしながら、腸の調子を整えていきましょう。人間は腸壁から必要な栄養を補っています。腸を美しく保つことが、一番の健康法ではないでしょうか。